維持支援サービス・システム開発

情報通信システムの導入前から導入後まで幅広いソリューションを提供。

JSSの業務は、防衛省が使用する情報通信システムの維持支援サービスと、
SIメーカー他関係各社との連携によるシステム開発の2本柱で展開。
導入前から導入後まで、防衛省の情報通信システムを幅広くサポートしています。

維持支援サービス

国家の防衛を支える情報通信システムは、決して止まることを許されません。JSSでは24時間365日にわたって現場での活動を支えるべく、各部隊の役割に特化した情報通信システムの維持支援サービスを展開。全国に広がる拠点に駐在スタッフを置き、日々の活動に密着したサポートを提供しています。

  • 監視、トラブル対応、ログ分析
  • システム・ネットワーク構成管理
  • サービスデスク、インシデント管理
  • 教育・訓練、リハーサル、運用改善、報告
  • アプリケーション保守(不具合修正、パッチ適用)

システム開発

JSSにおける開発業務は、主にシステム基盤の構築です。SIメーカーや関係各社との連携のなかで、要件定義、設計、構築・テスト、本番移行といった導入の全工程を主体的に実施しています。また、アプリケーション開発にも着手しており、システム維持支援サービスのアプリ対応も行っています。

  • 業務機能設計、プログラミング、テスト
  • サーバー・ネットワーク構築
  • 端末原本作成・量産設定
  • システムテスト、導入、データ移行
  • パッケージ開発(JOINTチェッカーJOINTイレーザ)

教育並びにコンサルティング業務等

  • 情報通信システムの運用に関する教育並びにコンサルティング業務
  • 情報通信システムに関する機器の賃貸並びに販売
  • 上記に関連する付帯業務